占い師、RITSUKOの思い・真心【年間月別】季節のコメントを届けてます。&女性占い師で口コミ人気評判

女性占い師

女性占い師 RITSUKO

占い師 RITSUKO 今週の言霊

2017年

4

どんな辛いことも、いづれは過ぎ去っていくのです。
ただ、その時は悲観したり嘆くのは、人間ですから否めないことです。
悲しまないでとは言えませんが、時は過ぎ、やがては春がくるのです。
信じて願い、待つことです。忍耐は、人を強くしてくれます。

祈りは、心の静けさへと導いてくれるでしょう。
一つ一つのことに、感謝をしていきましょう。

23~29日


大事な存在、大切にしていること以外は、放って気に留めなくて良いのです。
心のスペースが空きます。
守りの姿勢でいましょう。


16~22日


咲き誇る桜は、やがて散り行く…世の無常を刹那的に感じることもるでしょう。
今生きていること、生きることを実感し、喜びに気づいてください。
貴女の春は散りません。心を満たしていくのです。

9~15日



春爛漫、桜の開花と共に心も満開にしましょう。

2~8日

3月

満たされていることを確信しましょう。
天使達は、いつも傍にいます。勇気と愛を沢山与えてくれます。

26~4月1日


元気、健康、命は最も大切で愛すべきものです。

どうでもよいことに心がいっていませんか?
本当に大事なものは、シンプルでベーシックです。

愛情は大きく深いものです。そして、逞しく優しいものでもあります。
全て愛へ。無心で愛のみに意識・思考を集中しましょう。
愛して愛していきましょう。愛の力は無限です。


19~25日


満月のエネルギーは強いものです。手放すチャンスがきました。
ネガティブなパターン、不快なエネルギー、攻撃的な言葉などをクリーンにしましょう。
愛のみに包まれます


12~18日


先ずは、深呼吸しリラックスすることから始めましょう。
心の落ち着きは、静かなるパワーを生み出します。
時は確実に過ぎていきます。成る時を待ちましょう。

目標に向かって進みだしている中、やるべきことをして、待っていることも必要です。
もし貴女が、なくしたことがあったとしたら、わかることがあるはずです。
新たなる道が開かれたサインかもしれません。失ったのではなく、更に得る何かが待っています。
信念と希望をもって信じます。
天のギフトはやってくるでしょう。


5~11日


2月

26日は、魚座の神聖なる新月の夜です。
怖れ、心配、不安等を手放し、豊かさを進んで受け取りましょう。
願い信じましょう。どんな時も。導きはあります。

26~3月4日


目の前のことを受け止め願いを込めましょう。選択肢は色々あります。
信じてポジティブな思いで居続けましょう。

19~25日


どんな時も、前を向いていきましょう。
天の助けはあります。

12~18日


節分で、あらゆる邪気や厄災を祓い、福を呼び込み、立春で新たな気持ちと願いの信念を持ち、
新年を迎えたことでしょう。
全て廻り巡ってゆきます。災難は転じます。恐れや心配、不安も掃い、その時に出来ることに
専念しましょう。

「ありがとう」
感謝と愛を伝えましょう。

5~11日


生きていく強さ、本質の底力があります。それは、強い願いと思いや愛情に応えてくれます。
やるべきことをして、後は静観し、時を待ちましょう。
やがて来る春を待てばよいのです。

29~2月4日


1月
人生には思わぬアクシデントが起こることがあります。
悲しみにくれたりしますが、思い方を変え、今できることを一つ一つ対応していきましょう。
そして、その思いと生ることを信じて、時が過ぎるのを待ちましょう。
物事は好転し、再生していきます。寒い冬を越え、日差しの柔らかな春がやってきます。
奇跡と癒しが訪れるでしょう。願い、信じましょう。

必ず転じます。あの事があったからこそ、気づき知ることがあります。
痛みは和らぎ、その分、今まで以上に、心身が強くなっているのでしょう。

沢山の愛と祝福を。

22~28日


一呼吸おいてから言動しましょう。

15~21日


認めることで楽になれます。
そのことを、そのまま、ただ受け止めるだけで良いのです。

8~14日


穏やかな新年の幕開けとなりました。
貴女は、天に向かい、何を思い何を祈りましたか?
信用・信頼は、人との関わりの中で大事な要素です。
先ずは、自分からです。

謙虚・感謝・思いやり、そして何事にも捉われぬ心をモットーに、

本当の自由感を大事にしていきましょう。

1~7日

2016年

12月

☆彡 一年の終わりに寄せて ☆彡

愛と感謝の思いを贈ります。

この一年、喜びや苦悩など、様々な思いをし、時には、人生のケガをすることもあったことでしょう。
全ては過ぎたこと、過去となります。自分自身に「お疲れ様!」と慰労をしましょう。
新旧交代、入れ替わり、変化の時もやってきます。
恐れや不安を許し、手放しましょう。
そして、新たな気持ちで、前を向き、常に「0ゼロ」無の状態で、心身のお掃除をし、
新年を迎えましょう。

沢山のハッピーを願います!



天使の存在が、より身近に感じられる時です。
心の耳を澄ませましょう。

25~31日


時々、環境を変えてみましょう。場所、時間、普段で味わえない体験をしてみましょう。
例えば、美しい音楽、静寂な、お気に入りの場所など、リフレッシュをしてみましょう。
異空間も必要です。

18~24日


ある事柄によって様々な気持ちになることがあります。それは、相手や対象があるからなのです。
どうしようもないこともあります。
受け止め方次第です。
何をみて何を思うかは、自分なのです。
事は変わりません。気持ちを切り替え、心静め、思いましょう。

11~17日


気持ちのゆとりは、余裕を生み出します。心楽に、今出来る事をしていきましょう。
感謝の気持ちを!

4~10日


平穏平和・幸を願い思う気持ちは、永遠です。
どんな時も、その都度、気持ちを切り替え、前向きな心でいましょう。

27~12月3日


記憶の再生で、間違うことがあります。そう思えただけのことかもしれませんが、
誤解や誤認が起こったりします。
認め、互いに苦しまないよう、思いやりと「許し」の精神で、解放してハッピーで何事にも捉われない自由な心でいましょう。

20~26日

「そのまま」にしておくことも、時には必要です。
「そのまま」は、「ありのまま」でもあります。
例えば、問題を無理やり解決することが、全てではない時もあります。
良いタイミングを待つことも大事だからです。

13~19日


貴女は何を願っていますか?
今あることに感謝しながら、願いに意識を集中し、出来ることを一つ一つしていきましょう

6~12日


目的意識を持ち、明確で具体的なビジョンで、人生設計をしてきましょう。
幅・視野を広げ、大きな目と心で捉えましょう。

30~11月5日

10月

後悔しない人はいません。
今だからわかることや言えることがあります。

「諦める」とは、そうした一連の感情の解放、固執を手放し、考え方・受け止め方を
方向転換する心の作業です。学んでいくのです。
全てが過去となっていきます。前だけを向いていきましょう。

23~29日


楽しむ心を持ちましょう。

16~22日


心身のゆとりは大事です。

9~15日


直ぐに反応することより、静観することは大事です。

2~8日

9月

謙虚さと感謝の気持ちは、人間の美徳でもあります。
優しい心と笑顔を!

25~10月1日


感情の選択で「心の平和」を選びましょう。
全て自己責任なのです。心の笑みは、太陽となり明るく温かに照らします。
心ひとつで、周りの景色が変わるでしょう。

18~24日


頑張ることも大事ですが、休むことも、もっと大切なのです。天使の休息です。
立ち止まり、ただ見つめる時間も必要です。
自分も相手もジャッジすることなくです。

正しかったとは言えないかもしれませんが、間違ってはいなかったのです。
その時は必死で選択したのですから。信じていきましょう。
他は何も考えず振り返らず、前だけを向いていきましょう。

導きも信じます。行くべき方向に行きます。

11~17日


愛は温かく大きなものです。
相手に自分を押し付けたり、コントロールするのではありません。
本当の、真実の愛は、無償です。心を大事にするもの、もしくは、してくれるものです。
固執や執着はエゴです。
愛は、自由なのです。優しく偉大です。

9月4~10日


一人ではありません。心にかけてくれる人、思ってくれている人がいることを忘れないでください。

28~9月3日

8月

思わぬ事が起きて、経緯を顧みることや落ち込んだりする事が、あるかもしれません。
例えば、後悔をしない人はいません。
だからこそ、そこから「こうしていこう。」と、切り替えて考えていくのです。
気づきのきっかけが、あります。
それは、より良き人生のためにあるからです。

物事は、良いように転換して(置き換えて)思っていきましょう。
気を楽にして、それ以上、考えないで思わないで、大丈夫です。思考のストップです。

導きは、どんな時もあります。好転して、繋がっていきます。
そして
携わってくれている人々にも感謝していきましょう。
明るい心に、光は射します。自らを照らしましょう。

21~27日


寂しくない人は、いません。でも、貴女は、一人ではありません。
思ってくれる人、心にかけてくれる人がいることを忘れないでください。

14~20日


優しさとは、お金や物ではない、「気持ち」なのです。
人と人との繋がりは、貴重です。
笑顔と喜びは、自他共にハッピーにしてくれます。
今ある幸せを数えてみましょう。
心優しくなれるでしょう。

7~13日


自分の気持ちに正直に、信念を持って貫きましょう。

31~8/6日

7月

場所を変え、癒し、リフレッシュする機会を持ちましょう。

24~30日


小さな満足かもしれないことでも、満ちる心は、晴れやかです。
ささやかな気持ちを大事にしていきましょう。

人は誰も「幸せになりたい」と思っています。今を(今ある事)幸せだと思うことから、
もう幸せへと繋がっていっているのです。
少しでも楽しい嬉しい気持ちでいるためには、目の前にある現実(出来事)からタイムアウトをし、
楽しいと思うことをしていきましょう。
同じ1日24時間を、如何に気持ちを使うかです。

17~23日


良い言葉は、自他ともに元気に明るく照らしてくれます。
言霊は、宇宙へと常に発信されています。
言葉の持つエネルギーと調和して、思いと願いを届けましょう。

10~16日


入り口だと思った扉が、違ったと感じることがあったとして、出口を探そうとします。
なかなか見つからない出口もあります。待つのも一つの選択ですが、別な抜け道があるのです。
視点を変えて、幅をもちましょう。
しっかり終わらせて扉を閉めて、新たな扉を開ける準備をしましょう。
道は一つではありません。人間の想念、思い込みの記憶が視野を狭くしているだけなのです。
心は自由です。

3日~9日


6月

「これから」に心の眼を向け、どうしていきたいか、自分の在り方のビジョンを描きましょう。
そして、強く強く思い続けましょう。
心決めて、心静かに。

26日~7/2日


心身が楽になることを選んでいきましょう。

19日~25日


出来ることをし、信じて待ちましょう。

12日~18日


内なるエネルギーを感じましょう。
生への力強さを、体内の力を信じましょう。
身体の声は届きます。

5日~11日


笑顔は、幸せを運んできてくれます。
微笑めない時や、悲しみで、心が、かき乱れる時があっても、心の笑みは忘れないでください。
貴女が貴女を幸せにするマジックなのです。

1日~4日


5月

感情が時に貴女を苦しめることがあったら、一呼吸し何も考えず、消し去りましょう。
忘れることで気持ちが新たになり、苦悩から離れられます。
意識の関係もあるでしょう。
全てはバランスであり、意思の選択ができるからです。
心の静けさを持ちましょう。



愛情をもって健康美・自然体のリンクを。



モチベーションアップして意識を解放しましょう。
自力アップです。小さなきっかけは未来への幸せづくりでもあります。



自分自身に手をかけましょう。それは、ケアするということです。
心身のケアは、気持ちが潤い、生きるエネルギーとなります。
より良い自分へと満ちます。



4月

幸せと思うことから幸せが、始まっています。



ただそのまま受け止めるだけで良いです。
何も考えず思わず、思考をストップして判断せずに、視界に映っても通り過ぎる風景のように
流しましょう。
時に、心・気持ちを使わないことも必要です。



シンプルケアです。
何もしないことが、サイクルを起動させ、転換することもあります。



1日1日を区切って、新たな気持ちで言動し、待ちわびましょう。
空を見上げて、抱かれている思いで、両手を広げて、思いを馳せましょう。
許し癒し労り、信じていきましょう。



3月

焦らなくて良いです。ゆっくりとゆったりといきましょう。



頑張り過ぎないこと、時には必要かもしれません。
近すぎて見えなくなっていることや、余裕ゆとりがなくなっていることもあるでしょう。
一旦、一休みしてタイムアウトをとりましょう。



問題と思われることがあったとします。
どう捉えるかです。
問題として思うか、確かに厄介な事柄ではありますが、
「いずれ収まること、大丈夫、なんとかなる」など、肯定的な思いへの転換に置き換えて、
心を選んでいきましょう。
心は自由です。思いも、使い方も、気持ち一つです。



自分が何を望んでいるか、望む方向に気持ちをもっていきましょう。
そして、選んで決めていきましょう。



様々な思いに苛む時、それ以上、考えず、静かなる心・内側を感じましょう。



2月

今の状況を、何とかしようと躍起になればなるほど、、疲れ、消耗する場合もあるかもしれません。
ただ、そのままにして、受け止めるだけで良いでしょう。静止は一休・一呼吸です。静視しましょう。
闘うことだけが進む事とは限りません。
大海の心でいましょう。様々な波、状態があっても、いつかは必ず収まります。
人生の舵は、貴女次第(心次第)です。
するべきことをし、過行くのを待つことも、事態の選択の一つとなるでしょう。信じて待つことです。
「成ること」を信じて。



もし、貴女が誰かを羨ましく思うとき、貴女の心が寂しがっていることでしょう。
心は、貴女の中にあります。ハートの鼓動を感じてみましょう。
私は、ここにいます、そう言っています。
他との差異があったり、比較したりしなくて良いのです。自分のやり方でやればよいのです。
それが個性です。
違いがあるからこそ、ユニークなのです。そのままの自分という存在を尊重し、愛していきましょう。



貴女は、何をもって「幸せ」だと感じますか?
身近なところにハッピーは溢れています。小さくても心豊かになる「ハッピー」はあります。
沢山の「ハッピー」を見つけましょう。
それは、幸せ探しのハッピーライフの始まりです。
ワクワクしませんか。



視点・思考の距離の取り方、図り方で見方が変わってきます。
見ようとしても見えなかったこと、分かりづらかったことが、離れてみてみると、
違った角度から見えて、分かってくることがあります。

物の見方・考え方や人間関係は、ある距離感が、時に必要なのかもしれません。



無意識に習慣化しましょう。
「幸せ ハッピー」・「ついている ラッキー 」・「嬉しい 有難う」など
沢山の心弾む言葉で心身を満たしていきましょう。
幸せオーラは、光のエネルギーを生みます。



1月

『ない』より『ある』方が大変なこともあるかもしれませんが、
そのことがあったからこそ、気づかされることがあります。
自分の状態や在り方を知る「きっかけ」となるからです。
どのように受け止め、どうしていくのかは、自分自身にあります。
可能性は常にあります。



良いと思う事を心身にしましょう。朝のひとときを使って、出来ることを取り込みましょう。
そして、習慣化していきましょう。
転換、変化を楽しみましょう。



新年を迎え、気持ちを新たに、信じて進みましょう。
貴女は、どう歩みたいですか。心のままに。
決心した選択を信じましょう。
解ることがあります。



どんな状態、どんな状況でも、心を静め、愛をもって見つめていきましょう。
気持ちが楽になることを選びましょう。
心は自由です。決して決めつけないください。
沸き起こる感情は光のエネルギーを感じ、自分を大切にし、手放し解放しましょう。


2015年

12月

見ること以上に、知ることが大事です。
発想・心の視点の転換を心がけましょう。

考える前に(行動する前に)、先ずは、一呼吸です。



心が落ち着いていれば、自然とみえてくることがあります。
心を澄ませましょう。



謙虚であること、出来ることは全てやり、手放し、時を待ちましょう。



感性を磨き、チャンスを作りましょう。



11月

直ぐに対応することと、一呼吸おき、そのままにして、考える時間を持ってから行動することも
時には必要です。
やるだけやって手放しましょう。
心の解放は執着からの解放でもあります。
自然と良い方へいくことや、癒しがやってくるでしょう。



魂の成長のために、あること(出来事)があります。
良いことなら、そのまま「嬉しい。良かった。」と思えますが、真逆なことであったら、
戸惑い、苦悩し、心痛するでしょう。
きっと、心が騒めき、様々な感情になったりもするかもしれません。
人間ですから、それも当然です。
許してください。自身も出来事も、自分以外のものも。

どんな時も信じることです。
自分を信じ、思考を転換し、前向きに捉えましょう。受け止め方次第です。
その時は、そう思えなくても、時が平穏をもたらし、かえって、そのことがあったからこそ、
「今がある」、以前より、良い方へいった、と言える現状が訪れることでしょう。ギフトはあります。
心ひとつ、切り替えて「あきらめる」ことです。
あきらめるとは、投げやりや、どうでもよいというのではなく、心の靄を掃いクリーンにし、
無にする事です。
その出来事により、「知る」ことがあります。

当たり前・普通というのは、本来ないのかもしれません。
今までは、わかっていること、慣れていたことすら、真に「有難い」と痛感することでしょう。
全てに「感謝」です。
「気づき」は自分を謙虚にし、成長させてくれます。学びがあります。
心の選択、感情の整理です。

そして、やるべきこと、出来ることをし、後は「無」手放し、待ちましょう。

全てに「学び」「成長」があります。
道は、通り方次第で変わります。今のことが繋がっていくでしょう。リンクというバトンで。
笑顔は自他ともに心を照らす光とエネルギーにリンクもします。
リンクの輪は「和」へと。



自分に立ち帰る時間を持ちましょう。
そして、自分自身を感じましょう。
貴女は何を望み、何を手にしたいか、心が教えてくれるでしょう。
未来図は既に貴女の中に存在しています。



身を守ることも必要です。貴女が貴女であるために。
自分を守ることは、愛すべきものを守ることへと繋がっていきます。


10月

愛はパワーとなります。思い続けること、その思う気持ちは、和らぎと安らぎを与えてくれるでしょう。
どんな時も愛の力を信じて、愛していくことに心を決めましょう。



ワクワクする心で感じてみましょう。
見方一つで如何様にも視点が変わっていきます。
その変化・転換も楽しみましょう。



心身にとって良いと思えることをしましょう。全てに繋がっていきます。
背筋を伸ばし、コア(体幹)に意識を集中し、呼吸を整え、「無」の静寂、心の内を感じてみましょう。
それは、自身の中の小宇宙ともいえる自由空間、可能性の宝庫です。
前向きな心は奇跡を起こします。

1日の始まりに感謝し、出来ることをしながら可能にしていきましょう。



顕在意識は、物事の側面を捉え客観的にも主観的にも判断できます。選択は自由です。
そこで認識された思考が、そのまま潜在意識へと送られます。
潜在意識は、ストレートに受け取ります。
だからこそ、思考の選択が大事で、感情・気持ちを大切にすることが重要です。
潜在意識の活用そして信頼をもって、強い意志で願い思いましょう。
全ては可能で無限です。
エネルギーパワーを!



9月

リラックスした状態は心も体も寛ぎ和らぎます。まさに潜在意識の活躍の時です。
良い言葉を語り掛けましょう。一言ずつ夢や目標が近づいてくるでしょう。



主観的な感覚性は潜在意識へ、静かに語り掛けます。
無心の信力は、たとえ不可能に思えることでも可能にします。



どんな時も、信じる気持ちをもって、(信念)前向きに思いましょう。
信じる心は力、エネルギーになり、繋がっていきます。



どうなりたいか、どうありたいかなど目標はあり、道を選ぶ時、道は一つとは限りません。
その都度、方向転換は可能です。



8月

何事もどんな時も「許し合う」心が肝心です。
人間は不完全なものです。だから様々な経験を通して学ぶのです。
許し許されていることを忘れないでください。
どんな時も愛しみの気持ちでいましょう。



思わぬ出来事に遭遇したら、見やり過ぎるのを待ちましょう。
人は人により関わり成長してゆくのです。何事も相手があるから、自分ではどうしようもない時も
あるかもしれません。それ以上何も思わず、心を休めましょう。タイムアウトです。
とかく近すぎて見えなくなっていることも少なくないでしょう。

今は、今できることを最大にしていきましょう。



もし、貴女の心が泣いていたら、今以上、悲しみにくれないでください。
誤解や不理解が生じたとして、何とかしたくても出来ないときもあるでしょう。
明日を見つめ今を静かに黙視し、晴れる日を待ちましょう。



五感の一つ一つに丁寧に訴えていきましょう。ナチュラルなメンタリティーは心の美です。



7月

計画や予定なしの時間を自由に過ごしてみましょう。
思わぬ発見があることでしょう。
心の冒険を。



心の平和、平和のための平和を。



素直になれる場所へ行きましょう。
そこは、貴女だけの楽園です。
風、大地、空が教えてくれます。雄大な自然が貴女を癒し導てくれるでしょう。



『永遠』は無常であっても、その時の思いや大事にしていたことが心に刻まれているでしょう。
守られていることは不変です。
幸を思い、心を解き放ち、願いましょう。感謝をもって。



分かり合えることはあっても、完全に全て分かり合えることは難しい時もあるでしょう。
許し合うことです。人は、許され、許して、生きているのです。
それは、愛すること愛されることから始まります。
「有難う」の気持ちを、ずっと胸に。



6月

経験により、知ることがあります。
実際やってみたからこそ、言えること、わかることがあるからです。
だから、新たに、今現在の状態と向き合い、謙虚な姿勢で自己を見つめることができるでしょう。

経験は教えてくれます。大切なこと、心決めることがスムースにできることを。

恐れず実行したことにより、結果如何にかかわらず、行動の転機・変換を学びがあります。
例え、マイナスな事実であったとしても、プラスに変え、人生の糧・力となり、
自らを導いてくれでしょう。



貴女は貴女で、そのままで価値あり愛される存在なのです。
愛は貴女の中にあります。絶え間なくあります。

貴女が他を愛したり、愛されたいと願う気持ちを全て抱きしめて、
心身を愛の眼でみて感じてください。



例え他より聞いたことでも、自分の観点で事実を見てください。
その言動に惑わされることなく、真実の眼でみてください。



過ちは去り、過去となり、過ぎゆきます。
苦しみも悲しみも必ずいつかは、癒えます。

何もしなくてよいのです。ただ過ぎるのを静かに待つことです。



5月

我慢は苦しみを招き、心を締め付けます。
「何故?こんなにしているのに」いつまで続くかわからない、見えぬ状況の中で
心の叫びがあるとしましょう・・・我慢しなくてよいです。耐えなくて良いのです。
どうにもならないこともあります。
何もしないで嵐が過ぎるのを待つだけで良いこともあります。



思いやり、信じる心は、愛がエネルギーを増し、より良い方向へと導いてくれるでしょう。
そのまま受け止め認めてあげることで、本来の在り方になります。



どんなことがあっても悠然と何事もなかったように、心を落ち着かせましょう。
平静さは(心が落ち着いていれば)身を守ってくれます。



其々言い分や意見があることでしょう。時に、沈黙し聞き手に徹するもの1つのアクションです。
黙視でタイムアウトし、互いの距離を保ち、平和づくりの為に容認することも必要です。



今旬のタケノコは、地中で育っている時、互いの成長のために、土壌での一定の距離を保ちます。
人も自然から学ぶところあります。

距離感も大事です。



4月

人生において、予期せぬことなど様々な気持ちになることが起きます。
見つめ過ぎず、観点を切り替え、ただ過ぎていくことを見やりましょう。



喜楽に心を使いましょう。



楽しむ心と面白がることに、気持ちを使うことも、生きている時間のひと時です。



「今」を受け止め、出来ることをしましょう。それ以外は後から考えましょう。



悲しく寂しく感じる事があっても辛くはないことがあります。
貴女は貴女を愛し守るのです。独りではない、大きな存在に包まれているのです。


3月

どんな時も道があります。焦らず慌てず、助けて頂いていることに感謝し、心を動かしましょう。



心身を常に楽に平和な状態を維持しましょう。
受けたら、浄化し無心になりましょう。



朝と寝る前は、何も考えず深呼吸し、豊かさに思いを馳せましょう。
愛、平穏平和、温かさに包まれているイメージです。
具体的に思い描くことで実現することがあります。潜在的な可能性は無限に広がっています。
心の扉は開かれています。



2月

その人の為にと思い、代わりにすることがあっても、ただ黙って見守ることも無心の愛です。



1日の始まりに心身に挨拶しましょう。
そして、ワクワクするような事に思いを馳せましょう。
応えてくれます。



どんな時も愛を送り続けることはできます。
先ず自分自身を愛の光で包むことからスタートです。愛の存在を確かめましょう。
「愛しています。I LOVE MYSELFE.I LOVE YOU」
愛に満ち、優しい気持ちになります。



1日1日たとえ変わり映えしないと思われても、同じというのはありません。
一瞬一瞬、時間・空間・場所・出来事・人との出会い関わり方、全てが、その時限定なのです。
無常だからこそ、大事にし執着なく手放せるよう、何事にも捉われることなく自由な心でいましょう。



1月

「寂しいな」「愛されたい」と、愛を感じたい時は、先ず自分自身を愛で包みましょう。
ハートに手を当て呼吸と鼓動(ビート)を意識します。
命の息吹や、息遣いに集中し、「生」を感じましょう。
貴女は唯一で、かけがえのない存在なのです。
愛は光に満ち、その先には、喜びのもと、人が集まります。
愛しみの和があります。感じあいましょう。
そして、愛と光、平穏平和、安らぎ、喜びは、リンクしてゆくでしょう。



人が人を求めるとき、認め受け止めてくれることを何処かで願っていることでしょう。
(容認、受容、安心)だた傍にいて話を聞いてくれる、安心できる存在でいましょう。



寂しくない人はいません。どこかで心が泣き、叫びたくなることもあるでしょう。
どんな時も一人ではありません。
温かな存在が貴女を包み守ってくれていることを忘れで下さい。



バランスが大事です。全てにおいてです。



瞑想タイムを持ちましょう。
リラックスすることで、心を解放し、新たなるエネルギーに満ちてくるでしょう。


2014年

12月

人生おいて『ひだまり』のような平穏で平和な暖かさは、やってきます。
貴女のもとへ。



喜びの方が一層深いものです。
理不尽なこと不当なことがあったとしても。
それ以外で、救いやミラクルテンダーはやってきます。



諦めないこと、信じ続けることです。



11月

事実の奥に真実はあります。
それは、感謝・愛です。
物事や人の言動により、事実を知り、教えてくれることもあるかもしれません。
何事にもジャッジはできません。捉われない柔軟で自由な心でいましょう。
楽になれます。



サインは、あります。気づくか見過ごすか、です。



心の居場所を持ちましょう。



10月

豊かさは常にあります。
心の豊かさは眼には見えませんが、感じることでわかります。
貴女の中で何が大切なのか、原点に立ち返りましょう。
謙虚な姿勢、初心を大事にしながら、です。



心の中の小宇宙を感じましょう。
無重力に浮かんでいる感覚・・・それは空、自由です。
どちらにでも行けます。決めつけない柔軟な心でいましょう。



眼に見えること(目にしたこと)耳にしたこと→見聞きし、感じたことに自分の感情が起こります。
心のアクションがあります。
冷静に受け止め、深呼吸して、デリートしていきましょう。
全てが経験で、過去になっていきます。



生きていること「生命の息吹」を感じましょう。



今あることに集中しましょう。
それからのことは考えずに今出来ることをし、大事にしましょう。



9月

心が悲しまないように、心ごと抱きしめ、
見聞きしたことを流し、何事もなかったかのように居ましょう。



大丈夫、きっと上手くいきます。
平然と悠然としていましょう。
心の笑みを胸に。



反省することはあっても後悔しない人生を送りましょう。
人生万事、塞翁が馬です。
見極め、決断を信じて、前を向いて生きましょう。



8月

時には、ただ、何も言わずに、肯き受け止めるのみの、姿勢も必要です。



セルケア、自己メンテナンスを日々しましょう。



和楽を味わいましょう。



いつも違うルート、新たな発見をしましょう。



思考・心の動向を静かに見つめ、内面を感じましょう。
苦しまないように、苦しくないように、悲しまないように。



7月

気持ちのスペースを持ちましょう。



美徳、それは、清らかな心です。



無心力をつけましょう。



心の笑みを。
毎朝、鏡で微笑みましょう。笑みは幸せの魔法です。



全ては自分の心次第です。
意志をしっかり強く持ち、それを信じていくことです。信念は心の軸です。



6月

信じていれば必ずやってきます。受け取ることがあるでしょう。
時として心が折れそうになることがあっても、信じていきましょう。どんな時も。



鏡に映しましょう。今の貴女の心が反映されるでしょう。
自分の状態を知る1つの方法であるかもしれません。



与えることの喜びには、笑顔のギフトがやってきます。
お互いの心の喜びの共鳴です。



それぞれ使命があります。自分にしかできないこと、オンリーワンがあります。


5月

行き方(道の通り方)や順番が前後し、異なったとしても、行先は変わらずあり、辿り着きます。
その過程で幾つか気づき自覚する機会があるでしょう。

成長は自らの意思で出来ます。受け止め、見直し、プラスして見ていきましょう。
変化は転換期であり、チャンス、成長の時です。

遭遇する出来事や予期せぬこと、思わぬことがあったとしても、見止め見守り、時の経過や流れを
信じて愛していきましょう。



当たり前を喜びましょう。当たり前こそ喜びのベースです。



何が良い、正しいとかは決めつけられません。
価値観、思いは其々です。
違いを(差異)理解しましょう。



気づくことから本当のスタート、始まりです。


4月

黙視し、心の平和を保ちましょう。



心のバランスは、距離を持つことです。
客観的に自身を見つめることで、見えてくることがあるでしょう。



ただ過ぎるのを待つことも必要です。



今だからわかることがあります。
それは、過去の経緯からの学びがあるからです。



悩んだり迷ったり気になったとしても、その感情を手放し、切り離し、気持ちの切り替えをしましょう。



3月

物事の解釈の仕方で気持ちが変わってきます。



今日という一日を大切に過ごしましょう。
例え、同じような毎日であっても、同じではないからです。
かけあえのない日々を。



嫌悪や不快に遭遇し時、その感情を手放すよう、心の平和を取り戻すよう心を放ち、
心身の呼吸に集中しましょう。



心に余裕を持ち、平常心を保って、静観していきましょう。
当たり前のことは何一つありません。全ては無常です。
感謝の気持ちで手放しましょう。



2月

物事も心も入れ替え、循環し巡ってくるでしょう。



向き合うことで、認め合うことができます。



無形の時間を持ちましょう。



手放す心
それは、固定観念や自分を縛る記憶の習慣からの解放です。



1月

「今」を輝かせましょう
楽しむ心、わくわくする高揚は大事です。



何事にも捉われない自由で柔軟性な心でいましょう



常に、心の奥の内側、潜在意識へ語り掛けましょう。
内外のケアは、いつもです。



自分が良いかとベターな選択したとしても、別な道が用意されていることがあります。
それがベストな時もあります。
素直で謙虚な気持ちで受け止め受け入れ、聞きましょう。



心を無にし、解き放ち、自由なりまりましょう。
自由な心が、真実を教えてくれます。
受け取りましょう。ギフトを。気づきましょう。愛を。


2013年

12月

時には、引き算をして、明めることも必要です。
何を成すべきかが見えてきます。



本当の幸せは物質的豊かさとは無関係で、シンプルにしていくと本当の豊かさが見えてきます。



当たり前の日常にも心から感謝していくことで、よりシンプルに深く見えることがあります。
わかることがあります。心に感じることがあります。



心身の声を聞きましょう。内を見つめてください。


11月

満腹の時は、美味しさがわかりません。空腹時には、より一層、味が有難く美味しく感じられます。
心も同じです。空にすることで、真実がわかるでしょう。



心を休めましょう。



永遠ということや絶対といいきれることはありません。
常に移り行くものです。無常です。
はじまりがあれば終わりがきます。
全てあるがままに受け止め、静視し無心でいましょう。



何も関係ないこと、理不尽なことでも、巻き込まれた自分を許し、自己責任を持って、感情や全てを手放しましょう。
心身の状態をリセットし元に戻しましょう。



10月

自分のあり方を常に客観視しましょう。
心を放してみると自他共に見えることがあります。



物、人、出来事全てに愛の心を持ちましょう。



ありのままを受け止めましょう。全て自身のことなのです。
今、起きていることも、この瞬時で過去になります。
過ちは過ぎ去ります。手放しましょう。



自分を慈しみ大切にし愛することから始まります。
そして、愛が伝わり、繋がります。



体幹に意識を集中し、内部の小宇宙、バランスを体感しましょう。
内なる目で内なる心が静かにみえます。



9月

人生も心もシンプルでいましょう。



バランスをはかり、心の軸を感じましょう。
自然界、心身など何事にも調和があります。



心の平和から始まります。
プレーンな無の状態で、クリアでいましょう。



愛と尊重する気持ちで、内外共に見つめていきましょう。


8月

時に、悲しみ・孤独・闇、そして理不尽さを感じるかもしれません。
そして『ひとり』を痛感し、膝を抱え涙することさえあるでしょう。
でも、貴女は決して一人ではありません。見えない存在、温かい存在に守られています。
愛を感じてください。
そして、愛を伝えてください。



「無」になること、「無」でいることで、本来の自分になれます。自分を取り戻せます。
ゼロはクリーニングの原点(ベース)でもあります。
そして、内なるものと繋がってください。



どんなときもクリーニング(心の浄化)です。
人間ですから、状況により様々な思い、感情になります。
そのままにし、全て祝福し解放し、願いましょう。



心の声を聞いてください。素直な叫びを。
そして解き放ってください。自由になります。自分らしくいられます。
心の自由は、平和そのものです。


7月

心の解放をしましょう。
そのこと自体から、心を放しましょう。
そうすることで、心が自由になります。本来の自分と向き合えるでしょう。
同時に
心を抱きしめて、内なる子供(インナーチャイルド)のケアもしましょう。



情熱と信念をもち、自分を理解し信じていきましょう。
未来は開かれます。



体幹を意識して、その中核を体感しましょう。



人は愛されるために居ます。あなたの中の愛を感じて表現してください。
愛は溢れます。伝え合いましょう。



謙虚な姿勢での微笑みは、自他共に和やかで安らぎをもたらします。



6月

感謝・愛する気持ちを大事にして生きましょう。



心の浄化(クリーニング)を心がけましょう。
自己責任のもと、思考をクリアーにし消去、手放し、本来の姿に立ち返りましょう。



優しさとは、同調するのではなく、良い方向へ導くのが真の優しさでしょう。



自分の至らぬ所に気付くだけでもよいのです。
そこから、他者に対して、こうしてあげよう、とする心・思いが大事です。
それは、人間は完璧ではないからです。



5月

苦悩があった時、心の視点を変えてみてみましょう。
温かさに触れた時、今まで以上の喜びを感じることでしょう。



人生において、反省することはありますが、後悔のないよう心を定めていきましょう。



いつか癒されるときが、やってきます。



新緑の美しい季節と共に、あなたの中のうちなるパワー(マナ)を高め、
心力を培いましょう。



今を満足すること、心を満たすことです。



4月

差異があるから、気付き、省みることができます。
そのままにして。その差異を静かに受け止め、認めることで、互いに尊重し合えるのでしょう。



大きな目と広い心で、静かなる思いで、他者の幸せを願いましょう。



時を経て、わかることがあります。



新しい月の始まり、1日1日を気持ちを切り替え、大事にして生きましょう。



3月

桜の開花、移り行く季節の中で、あなたの心の花を咲かせ満開にしましょう。
今あることを大事に思いましょう。



存在ルートを知ることより感じましょう。一人で生きている人生ではありません。
沢山の祝福や愛を受け、生きています。
親、そしてご先祖様に感謝しましょう。

もし、悲しみにくれる時、やりきれない思いの時、穏やかにな愛に照らされていることを
忘れないで下さい。



許し、許されていることに感謝しましょう。
人間は不完全です。
もしかしたら知らぬ間に、誤解や不理解が生じていることも否めません。
人は人との関わりにより様々な思いを経験し、学び=許しの機会を得、成長していきます。
そこで、許しの心、許されることの有難さを知ることでしょう。

人・出来事が教えてくれること、そこから学び取り教わり気付くことがあります。



「ありがとう」「感謝します」「ごめんなさい」
そこには愛があります。

当たり前のことはありません。当たり前こそ、愛おしい幸せの証なのでしょう。
平穏・平和があります。



2月

あなたのペースでよいのです。
チューニングしましょう。



1日のはじまりに、大地を抱きしめ、宇宙に抱かれているように空を仰ぎましょう。
エネルギーを感じましょう。



どんな時もユーモアをもって一呼吸しましょう。
それも対応の一つです。



過去は過ぎた昔話です。もう貴女はそこには居ません。
今これから如何に創造性をもって進むかが大事です。



1月

心地よいとする、場にすること。それは、相手の言動、周りの在り方をそのままにし、転換することです。
快適とは、自分で作ることができます。



心の浄化に努めましょう。
1日1日、区切りをつけ、心身清めましょう。



そのままにしておくことも一つの対応方です。
あるがままの事実を認めること、容認ともいえるでしょう。



澄みわたる元日の青空に心を照らし、1年の平穏・平和を願いましょう。


2012年

12月

恐怖は過去の感情で全て通り過ぎます。とらわれず無になりましょう。
これからの不安・心配は心にあっても、信じる心を強く持ちましょう。
明るい心は、魂の導きを促します。



ネガティブなエネルギーは受けません。無関係なものとして解き放ちましょう。
光と愛のみポジティブなもののみ入ります。



気になってしまうことがあるかもしれませんが、比較は必要ありません。
違い・他との差異を個性とし、オリジナリティーを尊重しましょう。



11月

他より受ける不快な言動で貴女が傷ついた時、そんな経験からも学びがあります。
人生に必要な「許し」を学ぶチャンスとします。
魂の解放を。



どんな出来事も全ての経験になります。それは、成長のためです。



状況が動かないとき、沈黙のまま静視し、動き出す結果を、ただ見守りましょう。
願いも祈りも許しも貴女の心にあります。
だから悲しまないで下さい。



心が望むことをしましょう。
そして、自分自身と向き合い、見つめ、抱きしましょう。
あなたがどうしたいか、何を望んでいるのかが、自然とみえて、わかります。



10月

音の無い音を聞きましょう。
心を澄ませて。
見聞きできることがあります。



自然に回帰し、体感しましょう。



魂の解放をしましょう。
目に見えないこと、耳で聞こえない心の奥の心をみつめましょう。
自由なソウルでいましょう。
感じてください。



通り過ぎる風のように、心を流しましょう。



何をするかではなく、そこに如何に心を込めるかが大事です。



9月

一呼吸おきましょう。それから、アクションです。



現実、目の当たりにする事実の厳しさを知っているから、深い眼差しで、心豊かになれます。
不自由を知っているから、本当の自由の意味を知るのです。
したいことをするのではなく、出来ること精一杯することです。



人生、起こることに無駄なことはありません。気付き、活かすことです。



事実は事実、そのままにして静かに受け止めましょう



8月

いつの日か必ず解放されるときがきます。同じ状態ではいません。



闇に輝く光はあります。



一歩進むということは、前進だけが一歩ではありません。
なかなか進まない時があったとしたら、それは「歩」の文字通り、少し止まることです。
少し止まることで、自分の位置確認ができるでしょう。



守るということは、たたかうことでなく、ただ黙って見守り願うことです。
祈りに似た思い、黙想、静かなる思いです。



7月

待つことで普段気付かなかったことに気付くことがあります。



心を抜き、気を楽にもっていきましょう。



今できることを選択していきましょう。



心静かにいましょう。心をキメルということです。



わかってもらおうと頑張らば無くてよいです。誤解されたとしても解こうとしたり、
何とかしなくてよいです。
わかってくれる人が一人いるだけで、それでよいのです。



6月

間違ったことを見聞きしたとしても、静観しましょう。沈黙です。
内なる正義は秘めて、平和を選択しましょう。



人生に無駄なことはないです。無駄かもしれないと思える時間は、場所や人との出逢いなど
縁を繋いでくれることでしょう。



1日のうちで「好きなこと」「心地よいこと」をしましょう。そういう時間を持ちましょう。
ハッピーな気持ちになれます。



時に、無関心でいること、心をそこから抜くことで、生きられることがあります。
自己を活かすこ応対することだけが対応ではありません。



5月

居心地のよい時空を持ちましょう。
あなた自身を癒すことで周囲は癒されるでしょう。



時に頑張ってもどうにもならないことがあったら、頑張らないで、諦めないでいましょう。



「無」になる時を作りましょう。

日々の中で、「感謝・ありがたい・喜び(嬉しい)」という気持ちを持ちましょう。
優しい言葉は、歓び・慈しみを与えてくれます。



もし、現状に、人に、出来事対応に疲れてしまったら、リセットしましょう。
そして、心身を解き放ち、守りましょう。



越えようとして、越えられるとは限らないことがあるかもしれません。
「克服」することで、いつしか越えられるでしょう。



4月

動と静の時間を持ち、アクションと充電する時を作りましょう。



結論は、その時、出すのではなく、その流れ・状況の在り方で見極めるのも
一つの選択でしょう。



吹く風に身を任せながら(逆らわず)、流れつつ、心身に風を通しましょう。
季節の移り変わりに伴い、自らも一新する気持ちで臨みましょう。



たとえ変わらぬ環境、状況下で生きてくことが辛い時があったら、無理に居なくてよいのです。
心を解放し、自由になれる心身の状態を作りましょう。
環境と折り合いをなし、諦めつつも、自分の人生は決して諦めないで、身を守ってください。
かけがえのない人生を。使命を知りましょう。



3月

対話をもちましょう。それがコミュニケーションです。心と心の会話です。
聞いてあげることで自他共に何かが開けることでしょう。
互いの気持ちが解き放たれる感じがあるかもしれません。



もし、頑張って努力しても変えられないことが(状況、状態など)あったとしたら、
変えようとしないでください。
それとは切り離した「無」の心で、自身をみつめ、心身が少しでも楽になれるよう
今度は切り替えていきましょう。自分を生きるために、努力の矛先を変えて見ましょう。



心と身体は繋がっています。連動しています。
ご自身を愛し、慈しみ、守ってあげてください。心身が喜ぶようなことをしましょう。
もし、「限界・・・」と感じたら、心身の悲鳴のシグナルです。
大事にしてあげてください。
あなたを守れるのは、あなた自身なのです。



心身の休息タイムをとりましょう。
エネルギーチャージはパワーの源です。



人生において、チャンスはいつどんな時に訪れるかはわかりません。
チャンスを掴む心のアンテナをはっておきましょう。



2月

暗闇が暗く、出口や抜け道がなく、絶望したとしても、必ず出口はあります。
艱難辛苦は、長く遠く感じられるものです。
自分の努力では解決できないこともあるかもしれません。
激流に巻かれるのも策でしょう。
どんなに寒い冬でも、雪は溶け、春は訪れます。嵐は去り、青空が覗かれます。
「忍」・・・心を据えましょう。

人生が解ける時は来ます。

平穏な時間は訪れます。
成らなかったことは諦めても、あなたの人生は諦めないで下さい。



どんな時も信じて生きましょう。



時間や心身に余裕を持ち、大事にしましょう。
休息することも癒しの時間の1つでしょう。



どうにもならないことや上手くいかない状況があったとしたら、何とかしようとしないでください。
場と気持ちを一旦放し、諦めましょう。

人生だけは、どんな時も諦めないで、思い続けましょう。
何かが変わります。待ちましょう。



1月

求める気持ちは他者に対して自然にうまれます。かすかな期待もでてきます。
時にそれが苦しく感じることがあるでしょう。

自分で自分を求めましょう。どうしたいか、どうなりたいか、自分を強くイメージしましょう。



1日のうちで、自分が心地よい時間(ゴールデンタイム)を持ちましょう。
そうすることで、自分らしさと余裕が持てます。



対象(相手・物事)があることでも、心のもっていき方は、あなた次第です。
平穏な気持ちを選択してください。



予期せぬこと、望んでいないことが起こって心乱れ心痛するかもしれないとしても、
我慢ではなく、心から溢すことで、自他共に緩和されるでしょう。
それが反応ともいえます。反応せず対応していることにもなります。


2011年

12月

重要と思うこととそうでないことは、はっきりしています。
あなたにとって重要なことだけを思い、後は心を無にして、忘却しましょう。



メリークリスマス
柔らかな天使の羽に包まれて、降り注ぐ愛と光を感じましょう



感心と感動は異なります。

上手、素晴らしいと評価に値するのが感心、感動は魂へ響き感銘を受けること。
感動は人生の素敵なエッセンスでしょう。



「覚悟をする」ことは、自分自身に意思表明、宣言し、生きることに繋がっていきます。
あなたの人生は、誰のものでもなく、あなたのものです。
自分らしく、心のままに生きること、心は自由なのです。



11月

ゆっくりでもいいのです。一歩ずつ進めばよいのです。
あなたのペースで。



一緒に分かち合う歓びを人生に取り入れましょう。
そういう意味でもソウルメイトは必要です。



記憶の消去をし、気持ちを切り替え、前へ進みましょう。
無理して頑張る必要はありません。



オン(on)とオフ(off)、スイッチの入れ替わりをしましょう。



「自然」に感謝しましょう。



10月

面白がる心を持ちましょう。気が楽になります。受け止め方次第で自分を生かせます。



物事(出来事)、人の言動から受けることがあったとしたら、一歩距離を置き、
自分自身の呼吸を感じましょう。その時、何とかしなくても良いのです。
なるように流れること、信じて客観視し、気持ちを静めましょう。



秋空を見上げてください。
心が晴れやかに、そして実る思いがあるでしょう。
実りの秋に、心の収穫をしましょう。



心身のクレンジングとクリーニングを常に行いましょう。
それは心のシャワー、バスタイムで浄化することです。


9月

あなたの中で辛い記憶があったとしたら、手放し消去してください。
そして本当のあなたと向き合ってください。



安心感、信頼は人をリラックスさせます。
あなたらしくあってください。



顔をあげて前を向きましょう。どんなときも。
心の笑顔を忘れないでください。



どうありたいか、どうしたいのか、明確にし、強く思いましょう。
意思がこれからを創ります。


8月

どんなことも過ぎていきます。流れがあります。
もし辛く悲しい現実に苦しみ掻き暮れる事実があったとしても、いずれは過ぎ去っていきます。
現実を受け止め、見やり、やり過ごすだけでよいのです。
あなたが苦しまないように。あなたの心、感情の選択は自由なのです。
傷ついたあなたが少しでも気が楽になれますように。



生きること、自分の人生を振り返るには、あなたが信じた軌跡を残しましょう。



心を定めること、決めることで、目の前のことに力を入れることなく対処できるでしょう。



あなたが誰かに必要とされ、安らぎ・和らぎ・寛ぎを与えられたら
共に幸せの時間を共有したといえるでしょう。

灯りの数だけ、人の生活があります。優しい気持ちになるでしょう。
いつもある日常から、まだ見知らぬ世界もあります。知ることにより、活力にもなります。

人生の学びは続きます。喜びと共に。



距離をとるのではなく、余裕をもって接するため個人の時間を持ちましょう。
内面をみつめる時間の中で、自己の軸に触れ、磨きをかけましょう。


7月

心身に風を通しましょう。
深くゆっくり息を吐き出し、エネルギーを吸い上げ、一つ一つのチャクラの気を整えましょう。
自分の呼吸を(息遣いを)感じることで、「生命」「魂」を無の中で感じることができるでしょう。



沸騰している鍋に蓋をすれば必ず吹きこぼれます。火傷する場合もあるでしょう。
無理に現状を何とかしなくてよいのです。
「良くなるときはきます。」静かに待ちましょう。願いましょう。期待せず希望を持って。

真実は闇に葬られたとしても必ずいつか明らかになるときがきます。
心を定め、心の真実を信じましょう。



どんな時も、希望と目標の心をもって歩んでください。



いつか必ず「その時」がやってきます。
あなたが望む光景がやってくるでしょう。「そのとき」を静かに黙想しながら待ちましょう。



6月

揺るぎない思いの中に、強さとしなやかさがあります。
倒れないで負けないでいることより、どんな風雨にも起き上がる「しなやか」な心力が大事です。
闇は過ぎます。本当の闇の暗さを知るからこそ明るさを実感できます。
夜は明け朝がきます。雨は止み青空が広がります。
あなたに明るさと光が柔らかに射し込むでしょう。

あなた自身のエネルギーを信じて下さい。
信じられている人は真に強いのです。本当の強さを知るでしょう。



あなたが望む「そのとき」は必ずやってきます。
どうしたいか、どうなりたいか、自身に思いを馳せてください。

不安や心配になったとしても、生きているからこそある感情なのです。
恐れないで下さい。
諦めないで強く強く願い、思うことです。



許し手放すことで執着から離れ、楽な状態になれます。
そこには「癒し」と「和み」があります。



5月

澄みわたる空の広さ、青空のように、あなたの心はあります。

星は一つではありません。

あなたの輝きは空を照らし、そして自らも照らします。
あなただけの瞬きを。



たとえ一人だと痛感した時があったとしても、あなたは決して一人ではありません。
かけがえの無い大切な唯一の人(個)です。
目に見えない存在、大きな愛に守られています。感じてください。愛の光を。

労苦は過ぎ、安らぎが待っています。功労のギフトをいつか受け取ることでしょう。
そして、その時を信じて待ちましょう。



自己を解放しましょう。
解放は、解き放つこと、心を開き、自己から視点を他へおき、思いを馳せましょう。
そして、出来ることをしましょう。
人は、人によって教えられ生かされていることでしょう。

認め、安心して自他共に居ましょう。

思い、願いはいつか届き巡ります。



もし、心に不安や心配があるとしたら、気持ちがそこで立ち止まってしまいます。
考えて心配して、事が成ることや解決は、あまりないでしょう。
手放し、切り替え、瞬時を大事に思いましょう。



4月

真に「思っている」ということは、無償の愛があります。自己より相手のために何ができるか、です。
それは、普段の何気ないことから、咄嗟の言動に表れます。

「忘己利他」無心に自己を忘れるほど、思いやれるか、ということでもあるでしょう。
愛の余裕、働きをみつけましょう。



一人で居るとき、孤独を感じることがあるとします。
そういう状態は、個人を作り育てる時間です。
一人と言う文字を重なり合わせてみましょう。「一」+「人」=「大」になります。
一人で居るときは自身を大きくしてくれます。

ちょっとした発想の転換で、見方考え方が変わるでしょう。



愛は、許しあうことで、互いに『気付く』思いがあります。



3月

人間界に生きていると自然界と人間の在り方、事象などを通し、現実を目の当たりにすることがあり、様々な壁に突き当たることがあります。

黙想し、命を考えます。
授かった命を使う→使命とも言えるでしょう。生死に否応なしに向き合うことがあります。
究極、極限のとき、人間の真の在り方が問われます。導きを信じましょう。
人それぞれ与えられた道があります。自他共に今を大事に瞬時を紡ぎあいましょう。光りがあります。静かで逞しい魂の目で見つめ見守りたいです。



東日本大地震平和への祈り

心よりお見舞い申し上げ、復興を願います。

自然災害が齎す爪あとは悲惨なもので、津波は一瞬にして飲み込んで火災は全てを奪っていきました。
被災された方々の互いに譲り合い思い合い、協力し合う姿は、真実伝えてくれます。
極限における人間の在り方です。避難されている方のコメントで「孤立され、野外で救済を待っている人たちを早く助けてあげてください。」と、自分より大変な目にあっている人を思い合う気持ちは、素晴らしいことです。地震の被害は壊滅ですが、その中でも、心は奪えません。
人と人の頑張りを心より応援、そして祈ります。
そして、私達も出来ることが何かあるはずです。

祈り願います。愛は光となり、助け合う輪となり、救われますように。




心の位置を離しましょう。
それは、あなたが「呼吸(ブレス)」するポイントです。
人は、いつのまにか、呼吸を忘れがちです。
苦しい・・そう思うのは、だれかの呼吸なのです。あなたはあなたの呼吸でよいのです。
「共に咲く花」
あなたの心に、そして大事な人の心に咲かませんか。



苦悩はいつか晴れます。報われます。学びとった後に、真の幸を心に感じることでしょう。
だから、心配しないでください。
泣いてもよいのです。泣きたいときは泣いてください。本当の笑みになれるから。
心の笑顔になれるときまで、あなたの心を信じてください。



2月

あなたのまわりのささやかでも温かな愛をみつけ、感じましょう。
悲しみだけではない、素敵な喜びがあります。



心の日向ぼっこをしましょう。暖かさを心でキャッチし、心を寛ぎ温めましょう。



節分、立春を迎え、旧暦から新暦へ
暦とともに切り替わり、気持ちも切り替え、新たに進みましょう。



人は、シンプルが一番です。余計なものは持つ必要がありません。心の目が曇るからです。
与えるから持っているのです。心も、物資も。与えることで、与えられる何かがあります。
それは目に見えないものかもしれませんが、かけがえの無い素晴らしきことです。



1月

心の和らぎを感じられる時間を作りましょう。
心の贅沢・・・陽だまりに照らされているようなリッチ(満たされた気持ち)な気持ちに、
1日のうちで持ちましょう。



「大丈夫」・・・自他共に言って欲しい言葉。それは、安心し、笑顔になれる魔法の言葉なのでしょう。
心身を抱きしめてください。



許すことで、許されることがあります。



言葉は、気持ち・思いを伝える手段です。
あなたの伝えようとする思いに、優しさと愛情を添えて届けましょう。
与える愛、受け取る愛。
全てが愛の光で包まれ安らぎますように。

新しい年、週初めに、RITSUKOから貴女へ



2010年

12月

「思い合い」は大切です。
何気ないことかもしれないですが、ちょっとした「思いがけ」が心に笑顔を運んできます。

あなたが嬉しいと思える言動を他者に投げかけてみませんか。
心のギフトがやってくるでしょう。



師走に入り、今年もカウントダウンに近づきました。
街は、クリスマスや年明け模様で華やいでいますね。

心身の疲れはありませんか。日ごろ頑張っている貴女へ、一年の慰労をこめ、
愛の光と和らぎを送ります。



自他共に安らぎと労いを感じる瞬間は、「ありがとう」その一言です。
当たり前の言葉かもしれませんが、当たり前こそ、愛しく有難く心に触れ潤い元気にしてくれるのです。

何気ない優しさが思いやりに繋がっていきます。
愛のリレー、バトンを繋ぎませんか!!



もし貴女が血縁であったり家族であるが故に苦悩しているなら、それは、情が介在するから
簡単に割り切れ思い切れないからです。

身近な存在だからこそ、その距離感に苦しむこともあります。

あなたの思い、正義、情は、いつも報われます。心は届きます。貴女のもとへ。



11月

与えるために、人は持っています。
分かち合うため、笑顔で居て欲しいなど、ちょっとした幸せのため、喜びのためです。



祈るような思い、それは願いです。
心に強く思い願うこと、そこには愛があります。

愛から全てが始まり、導かれます。



『使命』それは授かった命を使い生きること、活かすこと。魂、心を込めることです。
自他共に幸せであるように。



謙虚で慎ましやかにあること、美徳は真の美しさかもしれません。
そこには、頑固さやエゴはなく、他者を思いやる気持ちがあるからです。

あなたの中にある「美」を表現しましょう。



10月

自己認識や自覚することで、人は、はじめて己と他者とのあり方、事実を知るようになります。



本当の思いは、 相手の今の状態・状況あるいは心情を慮り、楽にさせてあげることです。
それは、「思いやり」で、自他共にラフで楽に居られます。
果てしない空のように、自由に開け放つことが必要です。

あなたを縛っているもの、見えないチェーンがあるとしたら、抜きましょう。



バランスを保ち、自己を苦しくないようにコントロールしましょう。



真実の言葉、そして真心のある行いを見つけ、触れましょう。
相手を思うが故の言動か、己の保身のための聞こえよい言葉か、惑わされることなく
「忘己利他」という言葉にもあるように、思いの真実をみましょう。



九月

甘えと愛情、信頼は=(イコール)とはなりません。
自分を出す(表現すること)は良いことですが、自分で出来ることを他者に任せないで、自分でしましょう。
愛は相手を疲れさせるものではありません。むしろ、許し、癒し、寛容になれます。
互いが望むこと互いにし、分かち合いが、そこにはあります。



余計な心配はいりません。導きがあります。
どんな状況にあっても、先ずは深呼吸→無(頭から浮かぶ思いを考えない)そして
「これで良かった。」と成ることを信じ「OK」と、ただそれだけを思ってください。



愛の行いを実際行動で実践しましょう。微笑みと思いを込めて。
勇気・希望・平和な心・喜びで満ちますように。



あなたが愛されているように愛してください。



八月

心のリゾートを。
日常から少し離れ、自然回帰し、心身のリフレッシュをはかりましょう



恐れ、嘆き、苦悩という闇があったとしたら、そこに絶望がやってくるでしょう。人間の心に沸き起こる感情に憂うことがありますが、その闇を一部としたら、受け止めることが出来るでしょう。
時が流れ、「わかること」「感じること」があります。

自己を解放し、信じることです。



何をどれだけしたか、ということより、そこにどれだけの思い(心)を込めたかということが大事です。
そうすれば、結果や反応に左右されない対応が自ずとできるでしょう。



今月はマザー・テレサの生誕100年の年です。世界各国からの催しや、マザーを偲び、その遺志を思われます。
生きていることは、生かされ、共に分かち合うこと、許しあうこと、愛し合うことです。
マザーのご苦労深い思い、そのお心を感じ、伝えたいものです。



七月

鏡は心身を映します。
「かがみ」・・・「が」は我(エゴ)です。
常に状態をみて謙虚で感謝の気持ちを忘れずにいましょう。



夏の暑さとともに、心身に疲れがたまっていませんか。
自分では気付かぬうちに、心身はサインを送ってくれます。
頑張ることと無理をしないこと、エネルギーのバランスをとってください。
心の熱さ、クールダウンで快適に。



自分が置かれた立場(場所)は決まっているかもしれません(選べないこともあります)が、
その中で、「今出来ることを心を込めてする」ことです。
足りないことはありません。心配より無心で行いましょう。

いつも温かい存在に見守られていることを心に。



強くなければ守れない、優しくできるから、優しくいたいもの、です。



六月

徳とは、シンプルで深いものです。
自分の感情を顕にせず、相手を思って心を尽くすことです。
そこには、自我を越えた「無心」があります。
それが互いに共存する術なのかもしれません。

「忘己利他」です。



適当とは、受け止め流す、心身を楽に(気楽に軽ろやかに)することです。
心一つはわが身です。
心の使い方次第で変わります。



大切なことは、「今」にあります。今できることを最大にしましょう。今は、これからを創ります。

「今あること」に感謝しましょう。あるがまま「居る」こと、「自分らしく」常にありたいものです。



「幸せ」と思える瞬間を沢山作り、感じましょう。瞬間瞬間の連鎖は、繋がっていきます。
小さいかもしれない、なにげないことなのかもしれませんが、
ささやかなことが幸せへの道しるべになります。

人の心も、物事の受け取り方も、自然にわかることがあるでしょう。
感じることで、教えられることがあります。



五月

人には其々、状況やそれに伴う立場などあります。時には余裕がなくなり尊重しあうことすら難しくなることがあるかもしれません。
なんとかしようとしても反比例することも、でてくるときさえあります。
そんなときは、アクションより黙想です。静かに願い思うことに心をおきましょう。



自由は、選択できます。
どんな状況でも平穏・安らぎは得られます。気持ち一つで、心の視点が変わります。
無理せず、ゆっくりと深呼吸しましょう。



新緑の自然エネルギーを心に投影して、リセット、リフレッシュしましょう。



四月

思いやりの中で、
相手を思っていることが、実は、自分の事しか見えていない、エゴということもありえます。
気付く気付かないかで、大きく分かれます。
本当の思いやりは、愛があります。誰も傷つけません。悲しくさせません。
穏やかな清流のようです。絶え間なく流れて、いつも「ここ」にあります。
相手の気持ちに立って、みつめたい、その心ですね。
でも、決して心曲げるまで疲れないで下さい。

自己をみつめ、静寂に身をおき、願うことで、1日過ごすことをお勧めします。



どうしたらよいのか、どうしてよいのかわからないときは、「どう生きたいのか」ということを
心の奥の自分に問いかけましょう。



同じ視点で、わかってあげる(肯定する)だけでよいのです。(妥協や同情とは又違います。)
それで、相手は安心することでしょう。
何とかわかってもらいたい、と懸命になるより、心の余裕で、相手と接しましょう。
心の余裕=ワンクッションは自他ともに楽にします。



春先の風の冷たさは、また冬の風と違いますが、花冷えがします。
風をどう感じますか。
そして
満開に咲きほこる桜の木の下で、何を感じ、思いますか。
樹齢2000年の木もあります。どの木々も「生」を感じ、その中で「静」を見た感じがします。
今、咲くことに木・花自身も一瞬に生き、人びとの目も心も楽しませ、和ませます。
人もまた、このように「一瞬一瞬」に命をかけ、明日を造るように願います。



三月

シンプルは、人生に大切なエッセンスです。
自分らしく生きるためにも、ライフスタイルや気持ちなど関連します。

リラックス、笑顔、いいと思えることを、摂りいれて、歩み続けましょう。



伝え、分かり合えることの難しさは、人間関係において遭遇することであります。
「言葉」は心を乗せた伝達手段です。
その一言で、落ち込んだり、勇気がでたり、いろいろな思いをすることでしょう。
どんな時も、ほんの少しの余裕と思いやりがあれば、一筋の分かち合いも容易になります。

平穏な心を保つためにも、沈黙が必要なときもあります。



魚座の新月は、聖なるパワー満載です。
季節も人生も、様々な風、時には嵐が吹き荒れることがあります。
時の流れに任し、その時々に命を尽くしましょう。

春の新風を全身で感じましょう。
吹き抜ける風を。



1日満月からの始まりの月です。満ちる心満たされ、新月に向かいシェイプし、
何も持たない自由で柔軟な気持ちでいましょう。
空いている心のスペースに新たな思いのギフトがあるでしょう。


二月

人は執着していないと思っていても、どこかでまだしがみついていることがあります。
例えば‘失う‘と思う時、そこには‘失いたくない‘という執着が表れていることでしょう。
「失う」のではありません。ただ「原点にかえる」というシンプルなこと、一つの事象に過ぎないからです。
「あるがまま」の状態を受け入れることで、また一歩進みます。



道は一つではないということ、そして、転換はいつも柔軟に。
決め付けないことで、通っていく何かがうまれます。



今ある自分と今まであった自分の足跡をみつめながら、愛と光で包みましょう。



節分、立春を向かえ、新たな年となりました。
新たな歩みとなりますように。


一月

満月の夜は、最も吸収がよいとされます。
光を浴び、心身満ち、心の平和、丸くあってください。



接し方次第で、変わる何かがあります。
人は、人との関わり合いの中で学ぶこともあります。
事実の奥の真実を見つけましょう。



今年最初の新月を迎え、新たな願いと誓いのもと、エネルギーに包まれ、沢山感じましょう。



言葉ひとつで気持ちが表れます。愛を込めましょう。自他共に。



新年、皆様が心穏やかに健康で幸せに過ごせますよう願います。
愛と平和と慈しみを!

時を感じ、ゆっくり、その状態のままに過ごすのも良いでしょう。


2009年

十二月

心の休息で心身リフレッシュするのも時には必要です。
忘れることで、心を空にし、リセットしてください。



1日は毎日普通にやってきます。
同じにみえる1日でも、天気や気温と一緒で、全く同じということはありません。
晴天でも、空の高さや青さ、雲の流れ方など、当たり前に写る光景にも変動があります。

まして、人の心もそうです。
眠い目をこすりながら目覚める朝は、作動するまえは「真っ白」な状態です。
「ニュートラル」ともいえます。
その「無」の状態に、心身へ朝の「良い気」を入れましょう。
ただ、空に向かって深い呼吸をしましょう。
ほんの数分で終わります。
そして、朝のウォーキングは、「今日」を作ります。朝の新鮮な空気にふれ、自然を体感します。
寝る前の時間で、「今日も良い日だった。ハッピー!」と1日に感謝します。

穏やかな心は、温かく余裕が生まれます。

同じ1日は、過ごし方(心の転換)で工夫をsし、少しでもハッピーに変えていきましょう。



今出来ることを最大限にやりましょう
考え、思い悩むことから視点を先にもってくることで、見通しが開ける感じがしませんか。


十一月

対応しないことが「対応する」ということでもあります。
シンプルに、ただ受け止めるだけでよいのです。



時に、「無」になることも必要です。
満室だった心を空にすることで、一つずつクリアになっていきます。



今、ある状態を静かなる心でむかえましょう。



一人の時間をもち、自己と向き合いましょう。
メンテナンス、セルフヒーリングで心身のバランスをはまりましょう。


十月

黙想
言葉での思いは十分です。
どうか言葉にならない温かい愛の思いに触れることができるよう願っています。
さりげない温かさは常にあります。
平和と愛を。



全ての人が愛に包まれていると感じることができますように。
愛はいつもそばにあります。とても優しいです。
感じられますように。



どんなときも
一呼吸。深く息をはき、吸い込むことで、体内の空気が新たなものになります。
事実、出来事は、ただそれだけのこと、車窓を見やる景色のよう、過ぎ去り、気付くものです。
よいこと、よいと思われることだけとりいれましょう。後は、受け止め、過ぎるのを待ちましょう。



中秋の名月、そして満月の夜は、いつもより空が澄んでいて凛とした月の光が、より一層美しく見入るものです。
同じ月を、別の場所から、時間のバトンリレーのように、見ている人たちが世界中にいます。
どう感じるか、感じる心を話せる人とのコミュニケーションは、大事です。
それは、人間を育て、温かい心の灯のようです。

ソウルフィーリングを高めましょう。


九月

自分を知ることは、真の知、価値を知ることになります。

自身のことは一番自分がわかっているようでありながら、本当のところは、
知り難いものなのかもしれません。
人とのかかわり、心情が教えてくれることもあります。


訪れるもの、今あることを大切にしましょう。
全ては誘われ、導かれています。

今すぐに意味や答えを求めなくてもよいのです。然るべき時、わかることでしょう。
本当の、真実を。


九月は、2学期、会社では、人事異動、など、秋の始まりを感じます。

新しいこと、良いと思われることを始めるのに、良いときかもしれません。
自分に良いことは他にも放つ光となります。
男性は、知恵。女性は光。(精霊界から霊界においてのレベル)
調和することで、魂格、心格が育ちます。(人格を越えた、品位)

現世、今を生きることは学び気付きの毎日です。

一歩踏み出し、始めましょう。



八月

台風の接近で風雨が強まってきている日曜です。
明日は台風一過の晴天になることでしょう。

人生も晴れたり曇ったり、風雨に見舞われたり、と様々です。
明けない夜明け、止まない雨はありません。
心一つで、状況打破も変わります。

「大丈夫!」と誰かに背中を押されたり、支えられたり、頼ったり、認められたりと、
理解されたいと人は願うものです。
相互理解、心の結合、調和、平穏を望むことでしょう。

微笑むことが難しい状況でも、鏡に向かって、少しだけ、口角を上げ、
「微笑みましょう」
そして、自分を元気付ける言葉で、勇気の魔法をかけてみませんか。

愛が愛を呼びます。



自分を成長させてくれる人と、自身を楽にさせてくれる人とは違うものです。

人は誰しも安らぎたい、安心してもたれかかれる存在を求めます。
見極めは大事です。
心の声に従いましょう。



何気ないことで、傷ついたり、誤解があったり、
「こんなはずでは、なかったのに・・・」などど、悲しい思いをしたりしませんか。

人と人とのコミュニケーションは時に難しかったりします。

それは、受け取り方の違い、個人の「自分(個)」というものの在り方(出し方)によることがあります。

根底に、「理解されたい、わかって欲しい」という思いがあります。
理解されたいから、相手を理解したいし、共感を求めます。
人は、求めることで、期待や執着が出てきます。

考えれば考えるほど、修正しようと思えば思うほど、
何とかなることがならなくなってしまうことがあります。

「無」の立場で、「沈黙」「黙想」し、その場から心を移します。
静かなる安心できるところへ。

そして、手放すのです。
ちょうど、万歳=降参、することで、知らずに縛り付けている感情を手放すのです。
心が軽くなります。

あきらめることは諦めるのではなく「明らかに極める」のです。
心の錘を一つずつ手放しましょう。



人間の真実の姿をみることがあります。
それは、極限のときに、どういう姿(心意気、思い、言動など)が表れるか、です。
人は人によって、様々な場面で色々なことを思い、知ることがあります。

知ることにより、受け止め、流すこと、放っておくことなど、感情を越えた対応を学ぶでしょう。



七月

同じような毎日の中でも
日々、いろいろ起こったり、それにより予期せぬ気持ちになったり、人はします。

泣いたり笑ったり、闇夜に包まれたり、夜明けをみたり、様々です。

前向きに歩いていくために、限界を超えて頑張るより、タイムアウトをして
距離をつくり自身を守ることも必要かと感じられます。

「わかっているから」「もう、そんなに頑張らなくていいよ」
その一言、その笑みが全てを抱きしめてくれることでしょう。優しい言動は自他共に安らぎと勇気を与えてくれます。

やわらかな光が愛とともに訪れます。


週のはじめは、特にいつも行く、お気に入りの神社へ詣でてきます。
私のスポットともいえます。
都会の喧騒から離れ、境内には、戦後焼け残った痕のある大きな木は、時を経て、幹太くなり、葉も生い茂り、優しさと癒しとエネルギーを感じます。歴史から人間は学ぶことも多々あります。過去を認識し、今へいきます。

耳を澄ますと、生命の言葉を聞きました。
「朝の来ない夜はない。止まない雨はない。過ぎない嵐はない。時の流れが成り、知らせてくれることがあります。」
人は、気付くことから、はじまる何かがあります。
どんな嫌なことや苦悩が続いたとしても、やがて、良い方向へ変化するときが来ます。闇夜は永遠ではなく明るい朝の輝きが必ずやってくるものです。
だから、どんなときも諦めずに信じて努力をし、歩み続けることが大事です。

どんな愛も、「当たり前の愛」はないものです。
愛は慈しみ深いものですね。


六月

安心を与え、感じることは、心の安らぎに繋がります。

人は、わかりあいたい、もしくは「わかってほしい」という思いがあるため、言葉や何らかの伝達をしようとします。
「理解されている」「わかってもらっている」とわかるだけで、心が落ち着くものです。


その人の目線で、気持ちを慮って「解する」こと=ただ、示すだけそれだけでよいのです。
互いの気持ちを楽に和らげることになります。


歩み寄り、寄り添う気持ちがあれば十分のように思われます。


事実が教えてくれるもの、導きの奥に「真実」があります。


五月

失って得ること、それは、気付きによって始まります。
気付き、事実を直視し、受け止め、ありのままをみることです。
今までとは違う何かに出遭い、様々な感情を越え、掴むことがあります。


何気ない毎日の生活の中で、当たり前のことこそ愛しくありがたいものです。
朝、目覚め、手足など身体自由に動くことなど、普通のことの中に、喜びがあります。
感謝の心で、過ごす日々は、どこか穏やかで柔らかな感じがします。


人を思う気持ちは、様々です。

親への家族愛、友情、男女間の恋愛など・・。
人は人により活かされ、係わり合いの中で、自分という存在の位置確認をしたりします。

愛情と優しさについて。
本当の優しさ、愛情は、自己を越えています。

最近、心に響いた言葉を御紹介します。
「優しさは、自分の一部分であり、愛情は自分の心の全てです。」
私にとって、意義ある深いフレーズで、いつまでも心に残っています。


反応しないことが対応することであるときもあるでしょう。


どんなことも時の流れが解決するものです。
四月

旅立ちのとき

見送る人、見送られる人、それぞれ、世界は異なっても、魂に境はありません。
人は、生きたように最期のときを迎えます。「わかること」があります。全てにおいて。
それが真実を知ることでもあります。


月の満ち欠け、引き潮、満潮など、自然がとりなすことにおいて人間に影響を与えます。
宇宙に惑星が点在するように。

生きることを見守ることと同様に、死に直面してゆく姿に手を差し伸べ、
今、自分が出来ることを精一杯し、介護や看護で、お世話すること以上に
『心を尽くし与えること』が大事です。

苦痛は代わりたくても代われない、病巣を取り除くことは困難です。
だからこそ、少しでも緩和し安らいでくれる状態を作ること、導くことです。

どんなときの笑顔で、微笑みを。


真の祈り

例えば、ここに重病を患った人がいたとします。医療の力でも難しい状況にあるとき、
私達は、様々な形で心から祈り、願います。

それは、どのような祈り方でしょうか?
「病気がよくなりますように」と祈りますか?
私は、「痛みが和らぎ、苦痛から解放してください。安らかでありますように」と祈ります。


見つめる愛、見守る愛、大きな偉大な力に包まれ育まれています。
大空に抱きしめられるように、大愛を感じてください。
それは、優しくて、やわらかで、温かいものです。
三月

暖かさや寒さが戻ったり、冷たい雨にそっと濡れ、佇んでいる庭先の梅や桜の姿をみていると、春先の陽気が感じられます。
厳しい寒さを凌ぐ冬があるから、蕾も心も開花するのです。
そっと吹き抜ける風に心の耳を傾けてみましょう。
あなただけの春が感じられることでしょう。


正しいことと見えることがあったとします。そして、それとは対照的な発想・考えがあったとします。
双方は、間違ってはいません。決め付けることはできないからです。
本当に「正しい」とは、人が「そう思える、見える」だけなのかもしれません。

肯定し認めることで、意外な発見、喜びが訪れることでしょう。
言動も人も活きます。生きるということは、活かすことでいきるのでしょう。

自由な発想・考えは、巡ります。しなやかさ、柔軟性は、大切ですね。


『突然』なことは、思いがけなくやってきたりします。
どんなときも心の平和を、そして、今を大切に、『出来ること』を精一杯しましょう。


魂は永遠です。

この世には、病気や災害など思いもかけぬ出来事が起こりえます。
肉体の苦痛、精神の煩悶など、生きていくことはシンプルでありながら、深い学びが沢山あります。

命は与えられた灯ともいえるでしょう。肉体が滅びたとしても、魂は永遠にそばにあります。
生死を垣間見て思われることがあります。

占い師、RITSUKOの思い・真心【年間月別】季節のコメントを届けてます。&女性占い師で口コミ人気評判


ハッピーコンサルトで
占いを受けたい方・・

お気軽に、内容などお聞きください。

女性占い相談

夢占い

TOPページ

uranai-01 ★uranai-02 ★uranai-03 ★uranai-04 ★uranai-05 ★uranai-06  ★uranai-07

urnai-08  ★uranai-09   ★uranai-10




占い師、RITSUKOの思い・真心【年間月別】季節のコメントを届けてます。&女性占い師で口コミ人気評判

 ハッピーコンサルト・女性占いサイトのご案内

ハッピーコンサルトTOP

女性占い師プロフィール

夢占い

イントロダクション

占いセッション・料金

波動パワーグッツ

カウンセリング例

セッション方法

オーラカラーの分類

オーラとチャクラの関係

皆様の感想

女性占いの内容紹介

カラー占い【色彩占い】

幸せレシピ

アクセサリー写真集

天使の占い

【スピリチュアル日記】NO.2

ペット占い


幸せの種

sitemap

セッション費用

女性占い・予備

ツインソウル【真実の愛】

幸せの引力と法則

運命の人との出逢い

夢占い・DREAM

エンディングコンサルト

【月刊】言霊メッセージ

ヒーリングタイム

スピリチュアルフード

占いリンク集

site map

周波数占い

ANGEL URANAI

女性カウンセリング

今日の占い


RITSUKO今週の言霊

幸福の法則サイト

パワーアクセサリー

スピリチュアル日記

幸せへのプロセス

恋愛・結婚・女性占い

天使の占い日記・NO.3

日記NO.4

日記 NO.5

日記NO.6

女子占い日記NO.7

日記NO.8

女性占い日記NO.8

日記NO.9

ソウルメイト日記NO.10

占い用語集

音楽療法

未来への警鐘



sitemap uranai site link  woman silent  angel room  soul  kouji  happy consulting

占い師、RITSUKOの思い・真心【年間月別】季節のコメントを届けてます。&女性占い師で口コミ人気評判