中古防音室の知識

中古防音室の設置注意【積載過重】

防音室の重さ(積載荷重)ですが、建築基準法では 一般住宅に置ける重さは(1m×1mの1u当たりで180s)までとなっています。

例えば1395×1395のサイズの防音室ですと、1.395×1.395=1.946の面積となります。これに180sを掛けますと・・350sとなります。この1395×1395の防音室でしたら350sまで、お部屋に置いて良いと云う事になります。

ただし、建築の基礎の弱い建物の場合は、注意が必要なのは言うまでもありません。その他では、事務所(1u当たり300s)・店舗デパート(1u当たり300s)・劇場(1u当たり300s)までとなります。

例えば、重量が300sの防音室の場合、重量の数値だけをそのまま読むと重く感じますが、大人5人分程度の重さです。炬燵に5人が入っている感じを想像してください。このスペースより広い面積に防音室が乗っている事を考えると、重さも想像できると思います。

又、家にある本箱の方が、本がぎっしりと詰まっていて、防音室より重い場合も多々あります。以上の様に考えると重量の参考になると思います。(床の構造や、配置する所が弱い場合には、設置できない場合があります)

防音室の広さですが、一帖とは畳の一枚分を表しています。基本的な一帖の広さは、910×1820=1.65uとなります。

0.5帖910×910、1.5帖1360×1820、2帖1820×1820、3帖2730×1820、4.5帖2730×2730、6帖3640×2730、8帖3640×3640と、ほぼ910を基本に掛けたり割ったりして計算します。

実際の防音室は施工上やパネルの基本寸法によって各社サイズの取り方が異なります。おおよそ各社で使われているパネルの寸法は幅が900か450の高さ1800か2000を基準としています。
また、サイズから?帖を求めるには、例えば、2266×3148の場合は・・2.266×3.148=7.1uとなり、7.1u÷1.65u(一帖)=4.3・・4.3帖となります。

住宅の遮音性能ですが、建築基準法によりますと・・

1.鉄筋コンクリート造における壁の厚さは、100mm(10cm)以上あること。
2.コンクリートブロック造・無筋コンクリート造・レンガ造・石造の場合は仕上げまで100mm(10cm)以上の厚さがあることに決められています。

そして、これらの遮音性能は・・25Hzで25dB、500Hzで40dB、2000Hzで50dB以上の遮音性能が確保出来ることと決められています。

防音に適した建物の構造ですが、RC(鉄筋コンクリート造)が最も良くて、ALC(鉄骨造)は隙間が多い構造のためにそれよりも遮音性能は落ちます。RCですと地下が最も防音に良いのですが、価格は地上の1.5倍ものコストがかかってしまいます。壁も厚くしませんと、土の圧力等に耐え切れません。そのために地上の壁より20cmも厚くしなければなりません。

以上、重量の問題やその他の理由で設置出来ない場所もありますので、導入の際は、管理会社・設計会社・住宅メーカー・不動産会社にて、お確かめ下さい。


サイレントデザインHPより転載


ベルリーコーポレーション


ベルリーコーポレーション

ホームページ制作会社 ハッピーコンサルト

1 ベルリー 2 コーポレーション  3 古物商  4 ピアノ買取 5 サウンド 6  7 女性用 8

9 リサイクル  10 東京  11 ショップ  12 価格 13 評判  14  口コミ 15